« 白山(平瀬道~北縦走路)・・・・1日目 | トップページ | 2012年山行リスト »

白山(平瀬道~北縦走路)・・・・2日目

                1日目・・・大白川~白山~ゴマ平避難小屋は「ココ」

 「2日目・・・・ゴマ平避難小屋~妙法山~白川郷」

 

  気温が高くなる前に今日の最高点の野谷荘司山まで行こうと、足元が見えるようになったらすぐスタートしようと4時前に起床することにしていました。

  ところが 「みんな出発が早い!」 3時に起きて3時半には出発した3人組を先頭に暗い中ライトを点けて半分以上が出発して行きました。

 で、予定より早く起きて4時半にはパッキングを済ませ4:45に出発しました。

 

  登山道はいきなり草が覆い被さり朝露で腰から下をビショビショになりながら登って行きます。

  木々の間から

  「薄っすらと槍穂が見えた! 今日も北ア全景がきれいに見えそうです。 

  0941

  

   ここから妙法山への登りです。

  0971

   白山が見えて来ました。

  1021

     雲が上がって来ていて幻想的!

  1061

  1121

 

  妙法山に6:35に着きました。後ろは笈ヶ岳?

  1151

 

   「快晴! 日差しは強いですが風があって快適です。 白山がきれいに見えています。」

 

   白山

  1171

  今日の最高点、野谷荘司山

  1211

  ただ期待していた北ア全景は霞んでいて見えませんでした。

  1231

  妙法山山頂からの下りは足場の木がほとんど壊れたままで慎重に下ります。
       

  野谷荘司山の手前あたりからジリジリと暑くなり始めました。 ただ風があるので助かります。

  野谷荘司山と山頂から一気に下って行く尾根

  1261

 

   野谷荘司山に8:00に着きました。

  1271

 

   「ここで登りは終わり!、ここから白川郷へ急な尾根を一気に下って行きます。急な下りとドンドン上がって行く気温を前にゆっくり休憩をとりました。」

  1301_2

 三方岩岳

  1341

  これから白川郷へ向かって一気に下って行く鶴平尾根

  1361

 

  20分ほど休んで白川郷へスタート、尾根は急で足元が不安定なガレ場の多い登山道で慎重に下って行きます。

 予想していたより森林限界が低く日陰になる樹林帯になかなか入れません。汗を滝のように流しながら下って行きます。


   野谷荘司山と下ってきた鶴平尾根

  1371

 

  やっと入った樹林帯は見事なブナ林、傾斜も緩くなって落ち葉の敷き詰められた歩きやすい登山道を下って行きます。

  1401

  1391

  9:35に林道に出ました。

  ここから白川郷の街までが暑かった!炎天下の舗装路をダラダラと下って10:15に白川郷の街のコンビニに到着、地元の人に平瀬に行くバス停の場所を聞くと送ってくれました。

  「それにしても暑いなぁ。」 と思っていたら道路沿いの気温表示が何と37℃、暑いはずです。
   

 「バス停は合掌村の駐車場でした。予定していたバス(12:54発)より早いバスがあるかもと少し期待したのですが、結局なく2時間半待ちです。 一瞬合掌村でも見に行って時間を潰そうかとも思ったのですが暑さで「止~めた!」、生ビール、カキ氷を食べてバス停の木陰のベンチに座って爆睡してました。」

  平瀬からのバス(14:00発)は予約制ですが、予約していたのは僕一人だったようで平瀬に着くとすぐに来てくれました。(笑)

 

 大白川から平瀬に戻り「しらみずの湯」に入って高山・松本経由で帰宅、途中八ヶ岳PAで仮眠を取って1時過ぎに帰りました。

 

 

 

  この2日間天気に恵まれました。心配していた雷雲の発達のなく、初日は夏なのに空気もクリアで遠くまで見通せ、最高の夏山日和でした。

    
  またさすが「花の山・白山」平瀬道の上部~山頂~うぐいす平まではずっとお花畑が広がっていました。

 前回白山に来た時は山頂は座る場所もないくらい混雑していたのですが、今回は早い時間に山頂に着いたので、山頂には10人ほどでのんびりできました。

       
       
    

 

 山頂から白川郷までの尾根は地図を見て分かってはいたもののやっぱり長かった~。

 ただ予想していたより樹林帯は少なく樹林帯はゴマ平避難小屋前後の「間名古の頭」~シンノ谷付近と野谷荘司山からの下りの後半だけでした。
  前半は草原と湿原、後半は低灌木帯で景色も良く長いけど快適な尾根上のコースでした。ただ野谷荘司山と妙法山の下りは、急で足元が不安定な部分が続き、慎重に歩かないとダメでした。
 
また尾根が長いこともあって登山者は少なく何ヵ所も登山道に草が覆い被さって足元が見づらい部分がありました。

 ゴマ平避難小屋からはほとんどの登山者が中宮道に行くようで白川郷方面に行く人はさらに少ないみたいです。
  

 

  白山山頂から北側のスーパー林道方面へ長く魅力的な尾根が他にも何本かあります。また他にも南に伸びる「南縦走路」、さらに「釈迦新道」など魅力的な登山道がいくつかあります。
  これらもいつか登りたいですね。

 
  ただ週末に白山に行くのはやっぱり遠い!、登るよりも行き帰りの運転がやっぱり一番難関かな(笑)。

 

 

 

 

 ゴマ平避難小屋(4:45)~妙法山(6:35~6:50)~野谷荘司山(7:55~8:15)~白川郷(10:15

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

« 白山(平瀬道~北縦走路)・・・・1日目 | トップページ | 2012年山行リスト »

登山」カテゴリの記事

コメント

白山まで、遠征ご苦労様でした~^-^
そちらからは、かなり遠いでしょ~♪
でも、素晴らしい天気に恵まれ
良かったですね~0^^0

選ばれたのもさっすがのロングルートをさら~っと!

野谷荘司~って結構、暑いですよね~0--0

しらみずの湯は、今年4回かな?,,,も入ってます(笑)
山スキー帰りも含めて・・・^^

色んなルートがたくさんある白山・・・
こちらからは、近いんでちょこちょこ出むきたいです^^
・・・って、先日、行ってましたが・・・^-^

お盆、後半戦の天気・・・最悪~><

  みいさん


 コメントありがとうございます。


  分かってはいたのですが、やっぱり遠かった~、今回岐阜県側からだったので安房峠越えで行ったのですが、松本から高山までは長い!
  石川県側も高速を下りてから長いし、白山は週末行くには限界を超えています。

 野谷荘司の下りは急だし足場は悪いしでなかなか厄介で疲れました。そして最後に白川郷が37℃、生ビールとカキ氷が美味かった~!

  ただ白山は遠くてもまた行きたくなる魅力を持っていますね。歩いてみたいコースはまだたくさんあるし、しかもどのコースも長い! 秋に再び行っちゃおうかなぁと思っています。(限界超えてると言ったのですが・・・)

  今週は天気パッとしませんね、夏休みレポは待ってま~す。(山より宴会・温泉が多そうですが・・)

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 白山(平瀬道~北縦走路)・・・・2日目:

« 白山(平瀬道~北縦走路)・・・・1日目 | トップページ | 2012年山行リスト »

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック