«  今年最後は1勝1敗 | トップページ | 奥多摩三山~笹尾根 »

再び雲取山へ

   11月に続きまた雲取山へ行ってきました。

 早朝奥多摩三山へ行くつもりで家を出たのですが、向かっている途中で気が変わって雲取に変更しました。コースは石尾根~雲取~飛龍~丹波です。

 
 いつもの奥多摩駅近くの駐車場に車を置いて6:25にスタート、出だしの急な舗装路(歩き始めすぐの舗装路の急登はキツイ!)を登って登山道に入ると、すぐこんな感じになります。

 Dscn54891

 

  登山道は落ち葉サクサク~ 

 

 

 

 

 

 

 落ち葉サクサクの晩秋の雰囲気の中を登って行きます。

 ただ
数日前に雪が降ったようなので、どの辺から雪が出てくるかな?と思いながら登って行くと、1,100m付近でいきなり

 Dscn54901

 

 

  石尾根1,100m地点

  「いきなり晩秋から冬に」

 

 

 

 

 

 

  Dscn54911

 

 いきなり登山道は雪!

 

 

 

 

 

 

 

  「えっもう? 早い、しかも多い!」 

 予想外に早く現れた雪にビックリ!しかも意外と多い、ここ数年で一番早い積雪かもしれません。

 「ま~石尾根の登山道は南側が多いし、上部は日当たりが良いから多分大丈夫だろう。もし本当に多くなったら引き帰せば良いや。」 とそのままグングン行きます。

 Dscn54931

 

  鷹ノ巣山山頂 

 「快晴!」

 

 

 

 

 

 

 

  「快晴!、 チョット風がありますが南よりの風なのでそれほど寒くない絶好の登山日和です。」

 
  
 
鷹ノ巣山付近からは登山道は完全に雪になりました。ただ融けていないので濡れることもなく、傾斜も急じゃないので快適に歩けます。

 
 七ツ石山に10:00に到着。

 Dscn54941

 

  七ッ石山山頂

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 Dscn54951

 

  石尾根と雲取山山頂

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

  少し休憩したあと雲取山頂に向かいます。ここからはさすがに登山者が増えました。(七ッ石までは2人しか会いませんでした。) ただ1ヶ月前に来た時に比べればはるかに少ないです。

 Dscn54971_2

 

 

 日当たりの良い石尾根も雪です。 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

  Dscn54981

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  11:00に雲取山山頂に到着。

 Dscn55001

  雲取山山頂

 
 1ヶ月前に来た時は何十人と人がいて満員御礼状態だったのですが、今日は10人ほど、さすがに静かです。
 

 

 

 

  

 

 

 
 Dscn55011

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 Dscn54991

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

     

  Dscn55021

 

 

 山頂付近は完全に冬景色でした。

 

 

  

 

 

 

 

   

 Dscn55031

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

   「やっぱり雪を被った富士山は良いですね~。 奥多摩は晩秋から冬の冬晴れの日が最高です。」

 ただ富士山まではきれいに見えていたのですが、南アは雲がかかっていて良く見えません。1ヶ月前に来た時の方が遠くまで見えていました。

 
 
それほど寒くないのでウインドブレーカーを着ることもなく山頂にいた人と話しながらのんびり昼食を取りました。(テルモスにコーヒー入れて持ってきたのが良かった~。)

 ただこの先飛龍山まではさすがに雪が多くなりそうなので止めました。石尾根を下って奥多摩に戻るのが一番効率が良いのですが、予定変更でチョットやる気がなくなったので結局鴨沢に下ってバスで戻ることにしました。

 
  30分ほど山頂でのんびりした後一気に鴨沢に下りました。鴨沢で1時間半バス待ちして奥多摩に戻り、1ヶ月前に来た時は男性は40分待ちの混雑であきらめたもえぎの湯に入って帰りました。

 

 

 

 

 

  今日の奥多摩は快晴!、それほど寒くなく最高の登山日和でした。

 奥多摩は葉っぱが落ちて景色が開けた晩秋から冬の冬晴れの日が最高です。

 

 中間部から上は雪だったのですが、融け始めてなく全く足も濡れずに快適に歩けました。また雪が降ったからか登山者の数も少なくて静かで良かったです。

 
  奥多摩はここ数年で一番雪が早いです。今日もマークが付いているしもっと雪が増えそうです。
 ここ数年奥多摩など東京近郊の山は雪が積もるのが遅く、1,500mぐらいまでは1月中旬ぐらいまでトレランシューズで歩けMTBもできていました。今冬はチョット危ないかな?

 

  

 

  

    奥多摩(6:25)~七ッ石山(10:00~10:15)~雲取山(11:00~11:30)~鴨沢(13:10)

 

«  今年最後は1勝1敗 | トップページ | 奥多摩三山~笹尾根 »

登山」カテゴリの記事

コメント

今年は寒くなって 雪も沢山降るのでしょうかね~。
中国地方の山にも雪が降りました。
ヨーロッパも早々に雪が降ってましたし。

自転車乗りには 夏の猛暑に続き試練のシーズンになるかも…ですね。

ニコさん


 コメントありごとうございます。


 ここ数年東京近郊の低山は1月中旬まで雪が降らずMTBにはグッドコンディションだったのですが、今年はどうもあやしそうです。
 せめて年内ぐらいは1,500mぐらいまでは降らないでほしいんですけどね~。

ほんとだ、完全に冬景色っすね。
年内にちょっと遠めへ足を伸ばそうか、と思案中でしたが自転車では遠くの山は無理そうですねぇ。
それとも北関東方面へ、歩きで行こうかなぁ・・・

 884Rさん


 コメントありがとうございます。


 1,100mで雪が出てきた時にはビックリしました。
 ただ昨日奥多摩に行ったら、雲取や石尾根方面は全く雪が見えませんでした。今週初め雨が降ってかなり融けたみたいです。
 僕も年末に走る予定で雪が心配なのですが、この後降らなければ大丈夫そうです。
 

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 再び雲取山へ:

«  今年最後は1勝1敗 | トップページ | 奥多摩三山~笹尾根 »

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック