« 北関東の山でチャリ | トップページ | 谷川岳~平標山 »

越後駒ケ岳~十字峡・・・・今年初めてのお泊り登山のはずが・・・

 駒の湯から越後駒ケ岳を登って中ノ岳避難小屋に泊まり丹後山から十字峡に下る今年初めてのお泊り登山を計画しましたが・・・・。

2_1 駒の湯下から越後駒ケ岳

 

 

 駒の湯からの登山道はいきなり急登で始まります。ただブナなどの新緑が真っ盛りなこと、昨日雨が降っていたので、空気がひんやりしていて快適に歩けました。

Dscn03732 Dscn03752

 

 

 

 

 

 小倉山手前で登山道は完全に雪の下になり、しかも昨日一昨日と雪と雨が降ったのでトレースは消えていました。雪山で踏み後が無い所を進むのは最高に気持ち良いです(深いラッセルは嫌だけど)。しかも快晴、最高の登山日和です。

Dscn03782 2_2  

 小倉山から越後駒ケ岳(左)、荒沢岳(右)

 

 快調に進んで最後の急な斜面を手でバランスを取りながらキックステップで登りきると駒ノ小屋に到着。

2_3 駒ノ小屋は風上側が完全に氷化していました。

 

  

 

 

 そして山頂到着。これから行く中ノ岳がひときわ大きく、奥只見~会津~谷川連峰方面、遠くに妙高、北アルプス、佐渡島まで見えてます。しかも山頂独り占めです。

Dscn03832 Dscn03892

 

 

 

 

 

 一休みしてから中ノ岳に向かいます。中ノ岳への稜線は北ノ俣川側にまだデッカイ雪庇が残っていて、歩く場所に気をつけながら進みます。稜線はアップダウンが大きくそして多い。
 越後駒から見た感じより時間がかかって中ノ岳山頂到着。2_4

 

中ノ岳山頂から越後駒ケ岳

 

2_5  中ノ岳から丹後山方面

 

 

 まだ昼なので先に進むことにしました。中ノ岳から「これでもか!」と言うぐらい下って、また登って兎岳到着。

Dscn03922  兎岳への途中から中ノ岳を見上げる。

 

 

 

2_6 兎岳から中ノ岳、越後駒ケ岳

 

 

 兎岳からは今まで急峻だった稜線が、穏やかな丸みを帯びた草原の稜線に変わり、丹後山に到着。

2_7 丹後山避難小屋と山頂と中ノ岳

 

 

 丹後山避難小屋に泊まる予定だったけど、明るいうちに十字峡の先のキャンプ場に行けそうなので下ることにする。途中雪で2度ほど道を見失うが、すぐに見つかり林道に下りれました。

Dscn04022 Dscn04032 Dscn04052

 

 

 

 

 

 十字峡の先で山菜取りに来ていた車に乗せてもらうと、六日町の駅まで行くと言うのでそのまま駅まで乗せてもらう(ラッキー)。その後電車バスタクシーを乗り継いで駒ノ湯の駐車場に夜8時に到着しました。

 

 今シーズン初めてのお泊り登山はできなかったけど、快晴の空の下で新緑、豊富な残雪の稜線歩き、昨日までの雪と雨のおかげで踏み後の無い雪の登山道、人っ子一人いない独り占めの山と、めちゃくちゃ楽しい山行でした。今度は秋に越後駒ケ岳から八海山に縦走してみたいです。

 

 

 駒ノ湯(6:15)~越後駒ケ岳(9:30~9:40)~中ノ岳(12:00~12:15)~丹後山~十字峡(17:00)

« 北関東の山でチャリ | トップページ | 谷川岳~平標山 »

登山」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

« 北関東の山でチャリ | トップページ | 谷川岳~平標山 »

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック